コンセプト

設計企画部門

普遍的発想力の追及

様々な新素材が開発される中、私たちはあくまでも“木”にこだわり“木”のみを対象としたモノづくりを追求しています。自然を尊重する時代にあって、木製品に対するニーズは高まり、多様化しています。

自然と深く結びつくこのマテリアルは歴史の中で数多くの匠を生み出し、その感性を揺さぶってきました。文化的で芸術性の高い“作品”と呼ぶに相応しい建築物やモノづくり、職人の個性や技術力を余すことなく表現する自然素材ならではのダイナミックさが人々の心を引き付けるのです。

同じ顔が二つとない木の特性を最大限に活かし、時代が変わっても斬新であり続ける普遍的な価値観、それらを創造する力と実現させる技術力の追求。それは完成を見据えたソフト分野の考え方が、私たちSUENAGAの他とは違ったコンセプトであると考えます。

工事部門

創造をカタチにする技術

難しいほどやりがいを感じる当社スタッフ陣。資質の向上こそが後世に残るモノづくりの原動力と考えます。木工技術が消えゆく時代にあって、創業当時から蓄積されたノウハウは貴重な財産です。コンピュータによる集中管理システムを構築する一方で、

当社は熟練技能工との連携による抜群のチームワークで様々なニーズにお応えしてきました。複雑な要求にも対応できる最新のシステムとそれをカタチにする力が不可能を可能にする。言い過ぎかもしれませんが、それが私たちSUENAGAの他とは違った技術力なのです。

生産工程