環境維持

木は生まれ変わる


豊かな暮らしを支える建築材料の一つに木材があります。悠久の歴史を育んできた建築資材として、今日も人々の生活に深く関わっています。

近年、地球温暖化や環境面において森林の伐採等もその要因として危惧されていますが、木材は適切な伐採と植林が繰り返し行なわれる事により、成長が盛んな時期と、一定年数を経過して成長が停滞する時期を伐採期として再生産する事により、効率の良い二酸化炭素の固定と、資源としての効率利用につながり、木材は地球外の太陽光エネルギーで再生産が可能となる数少ない地球環境にやさしい材料と言えます。

 

伐採された樹木は暮らしに役立つ製品へと生まれ変わり、山には新しく植林され、山や土の新陳代謝が繰り返されているのです。

木で創る人々の未来


暮しの多くのシーンで人々が感じる木のイメージは、コンクリートや鉄にはないヒューマニティあふれるマテリアルで、永い歴史の中で培われてきた経験と確かな技術によって現代の暮しに活きています。建築材料はもちろん、家具、建具に至るまで、人々の生活にはなくてはならない物となっています。私達は創業以来半世紀を越えて、“木”に携わってきました。木の持つ優しさ、あたたかさ、自然との共生など、木を通して伝えたい様々な想い。SUENAGAは、子供たちの多くの未来を創造出来る企業として、躍進してまいります。

高品質が私達の信念


木製品は自然の素材が相手です。製材、加工、仕上げに至る一貫生産体制の中に、SUENAGAの半世紀に及ぶ木に関するノウハウが集約されています。

当社は良い製品をより効率的に製造するため、コンピュータによる集中管理システムを構築する一方、最新設備を積極的に導入し、作業のオートメーション化を進めています。 。