納品までのフロー

納品までのフロー

木製品は自然の素材が相手です。製材、加工、仕上げに至る一貫生産体制の中に、SUENAGAの半世紀に及ぶ木に関するノウハウが集約されています。当社は良い製品をより効率的に製造するため、コンピュータによる集中管理システムを構築する一方、最新設備を積極的に導入し、作業のオートメーション化を進めています。

ステップ01 営業フェーズ

綿密な打合せ

木に関わる施工ならどんな工事でもご相談いただければ、木の専門工事企業として期待にお応えできると思います。営業担当から材種ごとの特性や材料単価の説明、特殊な施工となる場合の技術提案などをさせていただきます。物件によっては当初から設計や施工管理の担当者を伴って打合せいたします。

 

 

お客様から最初にご連絡いただくのは、ほとんどが見積りの依頼です。たくさんのご依頼にお応えできるように独自開発した積算システムを駆使して、積算課ができる限り正確な見積もりを作成します。見積書は営業担当が確認の上、お客様へ提出いたします。

 


ステップ02 設計・キャドフェーズ

ニーズに合った設計

ご注文いただいた工事は、工事担当が施工内容の確認と打合せをさせていただき、設計担当によりCADを使って詳細な施工図(製作図)を作成していきます。造作工事および家具・建具工事の施工には詳細な施工図が不可欠で、この施工図によって工場での材料加工から現場施工へと組み立てられていくので、現場監督と何度も打合せして、施主や設計事務所のニーズに合った図面を描き上げていきます。

 

 


ステップ04 切出・施工フェーズ

ディテールにこだわった職人技

木製家具建具工場では、部品の加工まではできる限り機械を駆使して仕上げ、組み立ては木工職人が製作図を見ながらひとつひとつ丁寧に仕上げていきます。造作材・構造材は、吟味した材料を製材から一貫して加工します。特殊な木造建築物には、当社オリジナルのNC制御マシーンが力を発揮します。
巧みの技

工場で生産した特注家具や木製建具、加工された造作材や構造材を工事現場に搬入し、当社の施工管理者の指示のもと、大工等の現場技能者の手によって施工図通りに施工していきます。

ステップ05 完成・納品

 
完成後は検査をして、手直しが必要な箇所は直ちに補修します。最終検査に合格すれば引渡しいたします。